完璧なる天然の美と呼ばれる螺旋にも
栄螺のような異端は存在する・・・
そんな、傾いた陳列の博物館です


2005年08月24日

フルオライト 〜蛍石〜

m04fur.jpg


無色から黄・赤・紫・緑と
さまざまに美しい色を持ちうる石

モース硬度4と かなりやわらかいので
細かな彫刻もできた反面
宝石としては用途が少なかったようで
200年前には腎臓の薬として砕いて服用もされていた

「蛍石」の名は、熱を加えると光を帯びることから
中国で名付けられた

30歳を過ぎてから描いたのに
昆虫の体が4節からなっていますね。

あまりに恥ずかしいので
修正せずに晒してみました。うらら〜
posted by アオゾラ at 14:26| Comment(0) | TrackBack(1) | 鉱物 -mineral- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/6194026

この記事へのトラックバック


Excerpt: 蛍石蛍石(螢石、ほたるいし)は、鉱物の一種。英語名の読みのフローライト(fluorite)という呼称でも呼ばれる。主成分はフッ化カルシウム(CaF2)。等軸晶系。色は無色、または内部の不純物により黄、..
Weblog: パワーストーンと鉱物
Tracked: 2007-07-30 16:26
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。