完璧なる天然の美と呼ばれる螺旋にも
栄螺のような異端は存在する・・・
そんな、傾いた陳列の博物館です


2001年01月01日

モース硬度 脱線話

モース硬度のつづきです

最初に書いたとおり モース硬度は
引っかき傷に対する強さ『のみ』を示します
よって 硬度10のダイヤモンドでも
鉄のハンマーで粉々にできますし
(あっ 試しちゃダメですよ)
レコード針のダイヤも レコードを貫通せずに
自らを磨耗させます
(少々たとえが古いですが)
これらはすべて別の要素によって起こるためです

「そんなコト知ってるよ」
と思うあなたにこそ楽しんでもらいたいのが
本項目です

たとえばサスペンス映画で
ガラス窓にナイフで決死のメッセージを残したり
しますよね
違和感を感じたことのある方はいらっしゃいますか?

では鋼鉄のカッターナイフを取り出して
ご自宅のガラス窓にメッセージを残してみましょう!

・・
・・・・つかないでしょ
これがモース硬度の廃れた理由です
(まさかのまさかでガラスに傷がついても
 当講座では責任を負えませんのであらかじめ)
posted by アオゾラ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉱物 -mineral- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/6233837

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。