完璧なる天然の美と呼ばれる螺旋にも
栄螺のような異端は存在する・・・
そんな、傾いた陳列の博物館です


2005年09月01日

天測器 〜クロススタッフ〜

p01stuff.jpg


緯度を調べるのに用いた原始的な計測器

右側の小さな図のように
まずは 棒の尻に目をあてて
その先端が太陽を捉える角度を保つ
つづいて目盛りの打たれた水平棒を動かし
それぞれの先端が
水平線に沿うようにして計測

もちろん酷く目を灼いたため
貴重な『海の職人』が直接計測することは
少なかったと思われる
posted by アオゾラ at 12:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 海賊 -pirates- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/6440622

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。