完璧なる天然の美と呼ばれる螺旋にも
栄螺のような異端は存在する・・・
そんな、傾いた陳列の博物館です


2005年08月30日

家族を残して・・・

06a.JPG



夜、ジョギングに出掛けています。
30年前にドブ川を埋め立てた遊歩道なのですが
樹木は野放図に伸びまくり、
昔は野良犬だらけで、今は野良猫だらけ。
「ひげよさらば」みたい。


▼以下、画像の別アングル集です
posted by アオゾラ at 23:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 準備室 -dialy- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月28日

ひとり残さず

05a.JPG



テーブルにノートPCを置いて
確定しているご注文をすべてインヴォイスに
した上でプリントアウトする。
小さくて便利だけど、熱いね、ノートは。


▼以下、画像の別アングル集です
posted by アオゾラ at 02:07| Comment(4) | TrackBack(0) | 準備室 -dialy- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月27日

紅玉 〜ルビィ〜

m03jul.jpg


鋼玉石(コランダム)のうち
赤いものを指す名称
同じ石でも青いものは青玉(サファイア)と呼ぶ

色のヒミツは酸化クロムだが
持ち主に危険が迫ると急に色あせるという
伝承を多く持つ以上
「それだけ」では少々夢に欠けるかと・・・

インドでは宝石の王と呼ばれ
落雷すら避け得る力をもつと信じられているそうです

モース硬度は8.5〜9
posted by アオゾラ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉱物 -mineral- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月26日

ひとり残されて・・・

04a.JPG


暑気払いに行った大型銭湯で魔が差して
いつもは入らない変わり湯(ラヴェンダー)に一人でいたら
ひとまわりくらい年上のお姉さまが
入浴剤を足しに来ていきなりのタイマン勝負となる。

「らべんだーは気持ちがおちつくんですよー」
「ゆっくりさせてもらいますわー」
全身を駆け巡る羞恥心の龍を抑え、度胸の呪文
ワシハコンゲツサンジュウシニナルコモチノオッサン
を心で繰り返しながら
なんとかコミュニケーションしました。


▼以下、画像の別アングル集です
posted by アオゾラ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 準備室 -dialy- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

殺しの天使

k02angel.jpg


毒キノコといえば すぐに
ベニテングタケを思いつく方も多いかもしれません
たしかに強い毒性を持ちますが
実際には白くて可愛らしい
シロタマゴテングタケの方が
「3〜4日悶絶の挙句高確率で死亡する」
そうなのでご注意を

毒キノコの見分け方
posted by アオゾラ at 11:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 茸 -mushuroom- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月25日

モース硬度

m05mohs.jpg



フリードリヒ・モース(Carl Friedrich Christian Mohs)
の設定した 鉱物の引っかき傷への耐久度序列
(強さではありません)

硬度 1 滑石
硬度 2 石膏
硬度 3 方解石(自然金・銀もこのあたり)
硬度 4 蛍石
硬度 5 燐灰石
硬度 6 正長石
硬度 7 水晶
硬度 8 黄玉(トパーズ)・緑玉(エメラルド)
硬度 9 紅玉(ルビー)・青玉(サファイア)
硬度10 金剛石(ダイアモンド)

あたりが比較的標準とされる解釈


なんかしっくり来ない方へ
posted by アオゾラ at 20:29| Comment(0) | TrackBack(3) | 鉱物 -mineral- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月24日

橄欖(かんらん)石 〜ペリドット〜

m01aug.jpg


オリーヴのような緑色をした
8月の誕生石
オリヴィンという鉱物の一種

オリーヴと同じ橄欖科の植物に似た色
として命名されたが
その後オリーヴは橄欖科ではないとわかった

ロシアとエジプトに特に深い愛情を受けた石で
もっとも良質なものは
紅海のセント・ジョーンズ島にて産出されるといわれる

モース硬度は6.5

いつもより解説が長いのは・・・
posted by アオゾラ at 22:44| Comment(0) | TrackBack(1) | 鉱物 -mineral- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一夜茸(ひとよたけ)

k01hitoyo.jpg


日の暮れた後にするすると傘を開き
一夜のうちに胞子を飛ばして枯れてしまう茸

ガラス工芸家のエミール=ガレが
その晩年に 生命の象徴として
好んでモチーフにした姿は
彼の亡き今もしっとりと佇んでいる

ちなみにお酒と一緒に摂取すると
有毒なのでご注意
posted by アオゾラ at 14:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 茸 -mushuroom- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フルオライト 〜蛍石〜

m04fur.jpg


無色から黄・赤・紫・緑と
さまざまに美しい色を持ちうる石

モース硬度4と かなりやわらかいので
細かな彫刻もできた反面
宝石としては用途が少なかったようで
200年前には腎臓の薬として砕いて服用もされていた

「蛍石」の名は、熱を加えると光を帯びることから
中国で名付けられた

恥ずかしい告白
posted by アオゾラ at 14:26| Comment(0) | TrackBack(1) | 鉱物 -mineral- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月23日

月長石 〜ムーンストン〜

m02jun.jpg


オーソクレース(正長石)のうち、
乳白色のオパール状光沢をもつものの総称
太陽石(サンストン)もオーソクレース

独特の青白い輝きより受けた名前で
インディアでは恋人に贈る石とも

パワーストンとしては気管支に効果を持ちます

モース硬度は6
posted by アオゾラ at 23:00| Comment(3) | TrackBack(1) | 鉱物 -mineral- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。